相方雑談 ~最終回~

ここでは、「相方雑談 ~最終回~」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
どうもはじめまして、りいだすの相方です。

レシピなどとは関係ないですが、よろしくお願いいたします。
この前、休みが重なったので行ったことがない江の島に一泊二日の小旅行に行ってきました。本当は海釣りをしたかったのですが、道具が揃っていなかったことや、季節的にあまり釣れないという理由で、観光とおいしい物探しを目的で出陣しました。


午前中に江の島に到着しました。岩屋には行こうと決めていたので、まずは岩屋へ向かいました。




いろんな飲食店やお店がある場所を歩いていき、神社を発見しました。かなり急な階段で、段数も多くめんどくさいと思いました。


出足絶好調でした。

しかし観光マップを見ると、近くに何かを発見しました。




それは「エスカー」というかっこいい名前でした。




ケーブルカーみたいな乗り物と思い、有料だけど楽だと思い近づいてみました。






ただのエスカレーターでした。





結局神社も見ていくのも良いので歩いていきました。
結構疲れました。そして中間地点らしきところにサムエルコッキング苑という植物園がありました(有料)。
中に入ると展望台に乗る(別料金)こともでき、岩屋の帰りに寄ろうと話合い、岩屋に向かって行きました。


後半の道は下り階段だったので、比較的楽に岩屋に到着しました。



岩屋は本当に真っ暗に近い洞窟の中を探検するみたいで、某人気映画や某ps3人気ゲームの気分を味わうこともできました。洞窟ということもあり、しゃがみながら歩かないと頭がぶつかる罠があるところも緊張感があってよかったです。そのしゃがみながら歩く姿が、後ろからみるとFPSというゲームをしてるみたい♪と言われました。



そして岩屋を出て次はさっきのサムエルコッキング苑に行こうと思い、来た道を戻りました。



しかし、今までの疲れのせいか、戻ってきた階段を登るのはかなり苦戦しました。足が痛かったです。
リポビタンAのCMの雰囲気を出しながら一段一段確実に登っていきました。


途中難関の急で長い階段を登り終えたところで、飲食店のおばさんが



「お疲れ様ですー!頂上ですよー!ここで休んでいってくださいー!」



と、優しい声かけをしてくれました。


しかし、とりあえず昼食はサムエルコッキング苑に行ってから食べようと思っていたんで、笑顔でその店を後にしました。



ちなみにまだ登り階段は残っており、本当に頂上だったのかは地元の人にしかわからない秘密でした。



サムエルコッキング苑に到着。


入場料と展望台料を払い、まずは展望台に向かいました。景色を見て、そのあと昼食探しをしに帰ろうとしたら、園内に飲食店らしく店を見つけました。気になったので近づいてみました。どうやらフレンチトーストを極めた喫茶店のようです。入口を見回してもどんなメニューがあるのか、料金はいくらなのか見つかりませんでした。
まぁ、フレンチトーストだからそんな高くないだろうし、疲れたから入っちゃうかと話し合い、店に入りました。



メニューはフレンチトースト1つで大体1200円前後、飲み物も一杯セットで付いてくるようだ。予想していた倍の料金でした。

江の島にきたのだがらしらすを食べたいので、ここは軽く済ませようと思い、1つを2人で食べる貧乏作戦にしようと思ったら、店員さんに1人一品頼めと言われ、仕方なく飲み物を一杯(600円ぐらい)頼みました。





食べ物がきました。今度は予想していた半分の量のフレンチトーストがきました。本気を出せば数口で食べられてしまうような大きさでしたが、味はとても美味しかったです。りいだすが今度作ってみるそうです。



いよいよしらすを食べに行こうと最初の江の島の入り口辺りまで戻りました。しかし、どこも混んでいるし、どこが美味しい店なのだろうと思い、かなりウロウロしてました。とりあえず、りいだすはしらすのかき揚げ丼が気になっていたので、かき揚げ丼がある店を探すことにしました。

この季節はしらすが禁漁なので、生しらすはないと書いてある店ばかりでしたが、生しらす(静岡県産)がある店がありました。かき揚げ丼もあるので入ってみました。



生しらすは美味しかったです。よく食べるしらすとは大きく違い、刺身のような感じであり、苦みがありとても美味しかったです。


でも量が少なかったです。おつまみの量でした。


次にかき揚げ丼を食べました。りいだすが不満な様子、なぜならしらすのかき揚げと言うより、玉ねぎのかき揚げだったからです。確かによく家で食べる玉ねぎの天ぷらとそこまで味が変わらなかったです。
割合は大体玉ねぎ8のしらす2って感じでした。食べてみるともはや玉ねぎ10のしらす0でした。
これで1280円はボッタくりレベルだと思いました。

よく考えてみたら店を探している時に見かけた、メイン通りではない裏路地にある料理屋はどこもしらすのかき揚げがなかったのはこういうことかと思いました。
これも今度りいだすがしらすをメインにしたかき揚げを作ってみるようです。


素直にしらすの釜揚げ丼を食べればよかったですね。



外に出ると 飛んでいるトンビが食べ歩きをしている観光客の食べ物をハンティングする瞬間を見ました。



その後はフライパンの形をした時計など、江の島と全く関係ないお土産などを買い、ホテルへ帰りました。


以上です。もし江の島へ行こうと思った方がいらっしゃいましたら参考にしてください。ありがとうございました。

FJK 目玉焼きフライパン掛時計(オレンジ)

新品価格
¥1,999から
(2013/2/27 21:16時点)



とんび (角川文庫)

新品価格
¥660から
(2013/2/27 21:19時点)



アンチャーテッド - 砂漠に眠るアトランティス -

新品価格
¥2,969から
(2013/2/27 21:20時点)



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nonononoman.blog.fc2.com/tb.php/11-282bd134
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。